ドリルやるなら哲人
UDKでiOS向けアプリ「木造校舎を歩く」を開発
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト
投稿者:スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
[UDK]2011年12月verから、最新の2012年7月verへ乗り換え
投稿者:
エリアロードのために、 
親となる.udkから、 子となる.udkを参照で呼び出して配置するように組んでたら、 
ある時を境に、 今まで使用してた2011年12月verだと、 
iphone転送でエラー出るようになった。

うーん。原因判らん。

が、最新版だと問題なく転送できるので、使用するUDKのバージョン上げることにする。
で、いくつかメモ。

●プロビジョンの再設定に関しては、
前に作ったkeyを指定したら問題なく行けた。
ただ、 日本語化UDKからiphone転送するとクラッシュするバグは、
相変わらず直ってないね…。
(UDKの使用言語を、American Englishにしてないと、iphone上で動作しない。
直す気ないのかな…。)

●試しに、パッケージ名替えてみたけど、上書きされる。 
やはり、iphone上に同時に二つのテストステージは転送できないみたい。

●謎なのは、 2011年12月verだと360mbに膨らんでたデータ転送量が、
2012年7月verだと135mbくらいになってるっぽいこと。

空のテストステージ転送しても、相変わらずデフォルトで50mbは超えてるので、
それを引いた分、僕の作ったデータが、
300mb超から100mb以下と、1/3以上小さくなってる。 

そんな馬鹿な。

.upk、.udkともに、使ってるデータはまるっきり一緒だし、
iphone上で動作しているものの見た目は、特に劣化したりもしていない。
テクスチャの圧縮形式でも変わったか?
しかし、それにしては減りすぎ。

もしかして、今までは.udkごとにパックしてて、 重複したデータ持ってたとか?
パッケージ作る際の仕様が大幅に変わった、 とかじゃないと、
さすがにこんな減り方しないだろ…。 
まあ、アプリのサイズは小さいに超したことはないから、いいや。

●あと、ゴッドレイの見た目が、 少し変わってるような気がする。>気のせいかなあ?





| 12:21 | 開発日誌 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
投稿者:スポンサードリンク
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://iron-drill.jugem.jp/trackback/28